お金にならない仕事に、意味はない。

そんな資本主義の常識に囚われるのは、もうやめたい。

年商10億円を売り上げる事業を建てる起業家も、もちろん大事

けれど、一方で

一回1000円で月に100人、年商100万円の小商いを町に住む1000人が作りだすことも大事ではないでしょうか。

なぜなら、それは10万の絆を町に創り出すことを意味するから。

多様でしなやかな町には、大きな事業とともに、数多くの小商いも大切だと思っています。

 

いろんな「大好きなこと」×「小商い」で街中を溢れさせたら、

わたしたちの毎日は、もっとワクワクするものになると思いませんか。

​だから、私達は「じょもろい小商い」を醸してまいります。

​© 2019 by おせっかい社かける

  • ブラックFacebookのアイコン